ヤマハ、ニュースタイル・モビリティ「NeEMO」の実証実験を実施

ヤマハ発動機は4月21日から6月22日まで、埼玉県和光市にてニュースタイル・モビリティ「NeEMO(ニーモ)」の実証実験を行っている。

「NeEMO」は、東京モーターショー2019などに出展した、1人乗り低速モビリティのコンセプトモデル「YNF-01」をベースに、実用性を高めた公道での使用も可能な新しいコンセプトの電動車両。優れた段差乗り越し性で快適に移動できるため、よりアクティブに、より自由に出掛ける意欲をかき立てる仕様となっているという。運転免許は不要となる。

モデル名は、「Next Emotion/次なる感動」の言葉から。同モデルを目にした瞬間、行動の広がりや新しい乗り物への期待感、乗車時のフレッシュな姿への憧憬などを感じてもらいたいとの思いからネーミングされている。

今回の実証実験では、「NeEMO」を日常生活で利用してもらうことで、免許返納後の移動手段や、外出機会拡大による心身の健康増進といった暮らしの広がりなど、新たな利活用の可能性を探求。また、協業パートナーの発掘も目的の一つとしている。

この取り組みは、同社の長期ビジョン「ART for Human Possibilities」の「Rethinking Solution(社会課題解決へのヤマハらしい取り組み)」「Transforming Mobility(モビリティの変革)」に向けた一環となる。同社では、カーボンニュートラルを見据えて電動化のスピードアップを図るとともに、多様な製品群を通じて楽しい移動の提供や同社らしい社会課題の解決にチャレンジしていく、としている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする