「Audi A3」シリーズをフルモデルチェンジし、限定モデル「1st edition」設定

アウディ ジャパンはこのほど、プレミアムコンパクトハッチバックおよびセダン「Audi A3」シリーズをフルモデルチェンジし、受注を開始。5月18日より発売する(「40 TFSI」モデルは、2021年秋発売予定)。

「Audi A3」シリーズは、プレミアムコンパクトのパイオニアとして、世界最大のマーケットであるコンパクトセグメントにおいて高い人気を誇るハッチバック/セダンモデル。先代の第3世代モデルは、2013年より「Audi A3 Sportback」を、2014年には「Audi A3 Sedan」を国内導入し、手頃なボディサイズをはじめ、アウディらしいスポーティかつエレガントなスタイル、高品質なインテリア、卓越した走行性能で高い評価を得てきた。

第4世代となる新型は、スポーティなデザイン、高効率化されたエンジンと洗練されたサスペンション、よりデジタル化した操作系やディスプレイ、さらに高機能になったインフォテイメントシステムやドライバーアシスタンスシステムと、全方位での進化を果たしている。また新たなグレード構成を、「ベース」「advanced」「S line」とした。

エクステリアデザインは、最新のデザイン言語に則り、低くワイドなシングルフレームとフロントエンドの大型エアインテークやエッジの効いたLEDヘッドライトが、プレミアムコンパクトカーのダイナミックなキャラクターを際立たせている。

インテリアには、センターコンソールを運転席側に向けたドライバーオリエンテッドなコックピット デザインを採用。コンパクトな新形状のシフトスイッチも採用した。空間に広がりを与えると同時にリリースボタンを廃したことで、前後への単純な動作でシフト操作を可能にした。

メーターパネルには10.25インチの高解像度液晶ディスプレイに、メーター類をはじめ、DIS(ドライバーインフォメーションシステム)や、地図表示などの機能を統合したアウディバーチャルコックピットをオプションで設定。インフォテイメントとしては、最新の10.1インチのタッチスクリーン式「MIB3」MMIナビゲーションシステムを搭載している。

パワートレインは、「30 TFSI」に最高出力110ps、最大トルク200Nmを発揮する1.0 TFSI エンジンを搭載。ベルト駆動式オルタネータースターター(BAS)と48Vリチウムイオンバッテリーを用いたマイルドハイブリッドドライブシステムを組み合わせることで、低燃費化を図るとともに、加速時にはモーターによるアシストによって走行性能を高めている。「40 TFSI」モデルは、140kW(190ps)/320Nmを発生する2.0TFSIエンジンを搭載し、quattro四輪駆動システムと組み合わせられる。

また最新の安全技術とアシスタンスシステムを採用し、従来のアダプティブクルーズコントロールやアクティブレーンアシスト、トラフィックジャムアシストを統合した、アダプティブクルーズアシストをオプションとして用意。前走車の追従機能に加えて、車線からのはみ出しを自動で修正する車線維持機能により、ドライバーの疲労を軽減する。

車両本体価格(税込)は、「30 TFSI」329万円、「30 TFSI advanced」365万円、「30 TFSI S line」408万円、「40 TFSI quattro advanced」459万円、「40 TFSI quattro S line」502万円、「S3」661万円。

さらに新型モデルの導入を記念して、「1st edition」を用意。「A3 30 TFSI advanced」をベースに装備を充実したモデルを「Sportback」と「Sedan」それぞれ375台と125台、「S3 Sportback」を125台発売する。車両本体価格(税込)は、「A3 Sportback」453万円、「A3 Sedan」472万円、「S3 Sportback」711万円となる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする