有罪の元特捜部長が弁護士登録 証拠改ざん隠蔽、日弁連認める

2010年の大阪地検特捜部の証拠改ざん隠蔽事件で犯人隠避罪に問われ、13年に執行猶予付きの有罪が確定… [記事全文(外部ページを表示します)]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする