静岡県内竜巻被害が東西に10キロ 地元県議に被害状況を聞いた

(写真提供:大石健司さん)1日夜に静岡県中部で発生した竜巻とみられる被害状況が、2日朝から明らかになってきた。午前11時現在牧之原市内では570戸が停電中。しらべぇ取材班は、関係各所から話を聞いた。
■全壊3棟などの被害杉本基久雄牧之原市長は2日朝に、市内の被害が「東西の10キロに及ぶとみられる」とコメント。市危機管理課によると、午前11時現在、建物被害は全壊3棟、一部損壊40棟など、倒木は6カ所、通行止め9カ所、車横転5台、電柱倒壊16本の被害がでているという。

(写真提供:大石健司さん)また、3人がガラスでけがをした。市役所では午前8時までに2回の対策本部会議を開催し、職員194人が休日出勤し対応にあたっている。すでに罹災証明書や被災証明書発行の受付も開始した。
関連記事:ゴールデンウィークの天気を気象予報士・千種ゆり子が解説 過去には竜巻発生の被害も■当時渦をまいて飛んでいた牧之原市吉田町選出の大石健司県議のもとには、被害の報告が続々と入っている。発生当時については「雨がやんだので洗濯ものをかわかそうと思ったら、竜巻だった」。

(写真提供:大石健司さん)「カーテンをあけたら、いろいろなものが渦を巻いて飛んでいてこわかった。その後ガラスが割れて2階の屋根は飛んでいった」との声が寄せられている。■茶畑も大きな被害また、市内の茶畑の被害について大石県議は「今年はお茶の生育が良く、新茶の摘み取りや製茶は8割がた終わっている。しかし、まだ残っている畑はほぼ全滅」。昨夜の竜巻でもっとも被害を受けた牧之原市布引原の現場です。一番茶の摘み取りも終わり切っていない、新茶の加工はこれからという時期の被災です。今は雲ひとつない晴天で、付近はいつもの美しい大茶園が広がっていますが…南西から北東にかけて幅30mほどの帯状に甚大な被害が出ています。 pic.twitter.com/mLw4AiTRh9 大石けんじ (@Kng014) May 1, 2021「強風で茶葉が傷んでいたり、畑の中に金属やゴミ、がれきがたくさん入ってしまっており、お茶刈りの乗用機器を入れられないそうだ」と話す。さらに、「各お茶工場で製茶した新茶を真空パックして販売する業者の屋根が飛んでしまった。梱包作業はまだ始まっておらず、関係者は頭をかかえている」と述べた。
■関東地方ではひょうも気象予報士の千種ゆり子さんは、先月30日に「ゴールデンウィークの土日は『竜巻・突風・雷雨・ひょう』の恐れがあると指摘。関東では、2日も不安定な状態が続き、急な雷雨やひょう・あられが降る所はありそうと予報していた。実際に埼玉県内では2日午後1時前から、大粒のひょうが降ってきており、引き続き注意が必要だ。

(取材・文/しらべぇ編集部・おのっち)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする