東京都、2日のコロナ新規感染者は879人 前週比245人の激増に不安高まる

東京都福祉保健局が発表した2日15時時点の東京都内の新型コロナウイルス新規感染者数(速報値)は、879人となった。重症者数は前日と変わらず63人、65歳以上の新規感染者数は4人増加して97人だった。
■前週比245人増2021年以降の日曜日の推移を見てみると、最も少なかったのは3月7日の237人。そこから比べると3.7倍まで増加している。前週日曜からの比較では、245人と大きく増加した。

なお、前日と比較すると171人の減少となっている。
関連記事:東京都、29日のコロナ新規感染者は1027人 前週比166人増でついに1月末以来の千人台に■直近7日間の移動平均は830人台に直近7日間の移動平均は833.1人。ついに800人台を突破し、対前週比も113.6%と2日連続で上昇した。なお、53日連続で100%を上回っている

また、年代別では、20代が233人、30代が162人、40代が133人と続く。男女別では男性476人に対して女性は403人。東京都の累計感染者数は141,005人となった。
■11日の解除は非現実的か4都府県への緊急事態宣言から1週間がたったが、いまだ減少に転じない新規感染者数の推移。ネット上でも、「5月11日の緊急事態宣言解除はもはや現実的ではないのではないか」「ずっと低下していた増加率がまた上がってしまっているのが不安」といった声が目立つ。また、「これだけ感染拡大しても東京五輪は中止決定にならないのか」と、政府や東京都の判断に批判的なコメントも目立った。 (文/しらべぇ編集部・タカハシマコト)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする