リニューアルした「サッポロチューハイ99.99」は洗練された超スッキリ感

家飲み需要がますます拡大している今、様々なこだわりを持った個性豊かなチューハイが各メーカーから発売され、コンビニ、スーパーでも「今日はどれにしようかな?」と目移りしがち。いろんなチューハイを試しながら、自分のお気に入りを見つけるのは楽しいもの。そこで今回は、リニューアルした「サッポロチューハイ99.99(フォーナイン)」4種類(2021年4月6日から全国で発売中)を飲んでみた。

「サッポロチューハイ99.99」は、商品名が示す通り、純度99.99%の高純度ウォッカ
を使用した透明感のあるクリアな味わいが特長の本格チューハイ。リニューアルにあたり、その持ち味をそのままに、今まで以上にキレのある後味を実現。通年販売商品である「クリアレモン」「クリアドライ」「クリアグレープフルーツ」「クリアシークヮーサー」が、理想の飲みやすさを追求した上質なチューハイへと進化して発売されている。
サッポロチューハイ99.99 クリアレモン
ウォッカのお酒感にレモンのほんのりした果実風味があり。甘さや酸味はあまり感じずに、スッキリ喉を潤すのに最適な飲み心地。クセがない分、グイグイ飲める。
サッポロチューハイ99.99 クリアグレープフルーツ
ひと口飲んでみると、果実の風味が一番強く感じられた。酸味と、グレープフルーツらしい苦味がほどよいバランスで調和している大人な味。
サッポロチューハイ99.99 クリアシークヮーサー
爽やかな酸味が際立っていて、最も飲みやすくて爽快感が感じられた。からあげなど脂っこい料理と合わせてみるとより個性を発揮して美味しく飲めるかもしれない。

サッポロチューハイ99.99クリアドライ
雑味のない澄んだ味わいで、まさにクリアドライ。リニューアルにあたって無糖仕様になっている。これを飲んだら他のフレーバーがかなり味がついてるように感じるほど、かなりシャープでキレがある。後味も超スッキリだ。

洗練された口当たりながらどれもアルコール9%で、しっかりした飲み応えがあり、満足度が高い。家飲みで重要なポイントの1つに、いかに外飲みと同じようなお酒を飲む楽しさ、開放感を味わえるかということがあると思う。「サッポロチューハイ99.99」は、飲みやすさと爽快な喉ごし、キレのある後味が感じられて、自宅にいながら晴れ晴れとした気持ちになれる。冷蔵庫から缶を取り出してプシュッとそのまま飲むもよし、グラスに氷をたっぷり入れて飲むもよし。スッキリした気分を味わいたいときに、飲んでみては?

岡本貴之 おかもと たかゆき 1971年新潟県生まれのフリーライター。音楽取材の他、グルメ 取材、様々なカルチャーの体験レポート等、多岐にわたり取材・ 執筆している。趣味はプロレス・格闘技観戦。著書は『I LIKE YOU 忌野清志郎』(岡本貴之編・河出書房新社)」 この著者の記事一覧はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする