新型コロナ感染自覚で職場とジムへ行き逮捕 ウイルスまき散らし行為に厳しい批判

(vchal/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)スペイン・バレアレス諸島州マヨルカ島のマナコル地区で、このたび新型コロナウイルスに絡む逮捕者が出た。マスクなしで職場とジムを歩き回ったことで、計22人を感染させたという。
■マスクなしで咳と会話イギリスの『The Sun』『The Guardian』などが報じたことで、世界に拡散したこの話題。スペイン警察の発表によれば、今年1月末にマナコル地区で発生したクラスターについて、事件性を視野に綿密な調査を続けていた結果の逮捕だとしている。逮捕されたのは40歳の男で、職場とジムにマスクなしで現れ、咳をしながら会話していた。男の咳が目立ってきた前日、職場の上司はただちに帰宅するよう告げたが、それを聞き入れず翌日も現れたという。
関連記事:80代男が外出制限中の買春で逮捕 「コロナワクチン接種でムラムラした」と釈明■男は新型コロナ感染を自覚こうして職場の同僚5人とジムの利用者3人が新型コロナウイルスに感染。さらに家族に拡散し、乳児3人を含めた計22人の確認が確認されていた。男は当時40度の高熱があり、ウイルス検査の結果を待っている状態だった。感染の可能性を指摘されると「皆にもうつしてやる」などと暴言を吐いたといい、意図的にウイルスをまき散らした疑いが強い。幸いにも感染者の全員が幸い回復したため、暴行罪としてのみ起訴されるという。

■警察がたびたび介入する海外スペインではこれまで約345万人が新型コロナウイルスに感染し、7万7,000人以上が死亡している。スペインに限らず海外でも多数の死者が出ている同ウイルスに関しては、警察が介入する事例が非常に多い。中国・黒竜江省の高級人民法院は昨年1月、まん延防止を妨げる違法行為について、場合によっては死刑宣告も辞さないとの方針を発表した。またイギリスの都市部では、ロックダウン中に大勢の逮捕者が続出。学校、仕事、ランニング、食料品や医薬品など生活必需品の購入、介助・介護などは外出理由として許可されるが、その逮捕者らは路上飲みをしていたという。
■「厳重注意」の日本海外に比べ日本の取り締まりは甘く、どこか不十分だ。酔った客が店で「自分は感染者。ウイルスをまき散らしてやる」と騒ぎ、威力業務妨害で逮捕される例はあるが、感染者が宿泊療養施設のホテルから無断で外出し、コッソリ飲食店に立ち寄った例は「厳重注意」で済まされてしまう。東京五輪の開催を叫ぶなら、新型コロナウイルスの新規感染者数を確実に減らす必要がある日本。25日から一部都市に発令された緊急事態宣言においては、「よりロックダウンに近いものを」「海外のように厳しい取り締まりを」という声も聞かれる。 (文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする