ベテラン教師が修学旅行で泥酔し大暴走 生徒をストリップクラブに引率し解雇に

(krblokhin/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)ベテランの教育者として高く評価されていた男性が、生徒たちと出かけた先で一緒になって飲酒。酔った末にとんでもない行動に及んでしまったことを、イギリスの『Metro』などが報じている。
■修学旅行中に泥酔2019年夏のこと、イギリスの学校でIT教育を担当していた男性(55)が、生徒たちを引き連れコスタリカを訪れた。外国に行った開放感もあってか、男性は一気に暴走。16歳から18歳までの生徒たちと一緒に酒を飲み、酔った勢いでストリップクラブにも連れて行ったという。散々遊び宿泊先に戻ったのは、午前1時半。そこには女性の指導員がいたが、酔っていた男性は服を脱ぎ捨て、堂々と裸体をさらして女性を驚かせた。
関連記事:オンライン授業中にあらぬ音声と恍惚の表情 生徒の苦情で男教師を調査へ■暴走は止まらずそれでも男性は懲りず、わずか数日後には再び泥酔。今度はさらに悪酔いし、一部の生徒に「おまえを蹴り倒す」「ぶっ殺すぞ」などと暴言を吐いてしまった。また、ひとりの男子生徒につかみかかっておでこにキスしたため騒動になり、男性は急遽イギリスに戻るはめに。本人も問題行動があったことを認めたことから、8月に解雇された。■反省している男性この件について当局は慎重に審議し、「3年間は教員として働くことを禁じる」と決定。男性は本名、年齢、顔写真なども公開された上、このほどイギリスの主要メディアに

不祥事を細かく報じられた。男性は深く反省しており、「家族に対しても、経済的負担や精神的ダメージを与える結果になりました」とコメントしている。
■「おかしい」と感じる教師を見た?しらべぇ編集部が全国の10~60代の男女3,140名を対象に調査した結果、全体の54.3%が「学生時代におかしいと感じる教師を見たことがある」と回答した。

教師とはいえ、やはり人間。時には失敗もするのだろうが、この男性は大変な問題行動を連発し、見せるべきでない恥ずかしい一面を生徒たちにさらしてしまった。インターネットには、「すごくノリの良い先生のような気がする」「ストリップクラブに連れて行ってもらった生徒が羨ましい…」というコメントも書き込まれているが、指導者としては許されない言動が確かにあったようだ。 (文/しらべぇ編集部・マローン 小原)【調査概要】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする