日本初「JAL客室乗務員」がプライベート観光ガイドに 出雲市に詳細を直撃

日本航空(JAL)は昨年10月に、すべての都道府県ごとに客室乗務員を配置し、現地での観光振興などに取り組むと発表。出雲市はこの事業を活用し、日本初「客室乗務員による観光タクシー」を運行させる。
画像をもっと見る■大人気の観光タクシー出雲市は、2020年9月から専属ガイド1名が同行し、出雲市内を周遊する「うさぎ号」の運行を開始。観光ガイドを務めたのは、市内や松江市などに住む、社ガール(神社好き女子)たちだが、普段は別の仕事をしている。このツアーはGO TOトラベルキャンペーンの影響も重なって、大人気となった。予約が殺到しため、ガイドが足りなくなり、予約を断る日もでる事態に。そこでガイドとして白羽の矢が立てられたのが、JAL客室乗務員。
関連記事:ANAが客室乗務員職の新卒採用中止を発表 CA志望の学生に本音を聞いた■20名のCAが研修完了出雲市役所観光課の担当者は、「最初はダメもとで応募した」と話す。しかし、出雲市への派遣が決定し、4月上旬から客室乗務員への研修がスタート。1回に3~4人のグループが、2泊3日の研修を受講。日本初「JAL客室乗務員」がプライベート観光ガイドに 出雲市…の画像はこちら >>(写真提供:出雲市)1日目は座学研修、残りの2日は市内観光スポットでの実地研修だった。観光課の担当者は、「研修中、客室乗務員の皆さんのおもてなしのレベルの高さに正直驚いた。想像していたものとは段違い」と語る。この研修をトータル20人が受けた。■毎週1人が出雲入りフライトスケジュールなどにあわせてこの中の1人が、毎週月曜日に出雲市にはいり、火・水・木の3日間、観光タクシーのガイドや観光案内所での案内業務に携わる。

(写真提供:出雲市)デビューは今月4日の予定だったが、緊急事態宣言がでている地区がある影響から、この宣言があけるまで延期となった。
■担当になるかは運次第観光タクシーを利用するのは、関東圏から観光客が多い。また、出雲駅伝が行われる10月頃は、宿が取れないほど大勢の観光客が訪れる。しかし、緊急事態宣言の影響でゴールデンウィーク期間中「うさぎ号」の予約がまったく入っていないという。

(写真提供:出雲市)ネット上では「JAL客室乗務員の観光タクシーに乗ってみたい」という声があがっているが、指名はできない。予約して担当されるかどうかはあくまで運次第。出雲大社は、日本一の縁結びの神様でもあるため「客室乗務員とご縁が生まれますように」といった願いも聞こえてきそうだ。 (取材・文/しらべぇ編集部・おのっち)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする