田原総一朗氏、「朝生」で菅内閣のコロナ対策に断…「はっきり言って失敗だった」

ジャーナリストの田原総一朗氏(87)が4月30日深夜、司会を務めるテレビ朝日系「朝まで生テレビ!」(午前1時25分)に生出演した。
1987年にスタートした同番組は今回の放送から35年目に入った。この日のテーマは「激論!3度目の緊急事態宣言 ド~する?!医療危機」。討論の冒頭で田原氏は「3度目の緊急事態宣言をしなきゃいけないこと自身が、これまでのやり方がよくなかった。はっきり言って失敗だったと思う」と断言した。
その上で「どこがよくなかったのか。これからよくするっていうけど今までどこがよくなかったのか」とし「例えば各新聞社が世論調査している。どの新聞の世論調査見ても菅内閣の対応がよくないっていうのが、だいたい7割近くある。だから、国民は菅内閣のコロナ対応をほとんど信用していない。こんな、信用されていない内閣はあまりない」と断じた。
さらに「こんな信用されていない内閣で続いているのは、ひとつには野党がだらしない。頑張ってほしいと思います」とコメントしていた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする