「紀州のドン・ファン殺人事件」元妻逮捕で儲けた業界と損した業界

「紀州のドン・ファン殺人事件」元妻逮捕で儲けた業界と損した業…の画像はこちら >>「紀州のドン・ファン殺人事件」元妻逮捕で儲けた業界と損した業界(画像)Ollyy / shutterstock
「新型コロナ関連は完全に飽きられているし、小室圭さんの金銭トラブルも煮詰まってきて、正直ネタに苦しんでいたところでした。緊急事態宣言の出ているGW、在宅率も高いこのタイミングでの逮捕はありがたい」

〝紀州のドン・ファン〟と呼ばれた和歌山県田辺市の酒類販売会社の元社長で資産家だった野崎幸助さん(当時77)が2018年に不審死した事件が、ついに動いた。致死量の覚せい剤を摂取させ、野崎さんを殺害したとして逮捕されたのは55歳年下の元妻・須藤早貴容疑者(25)だったからだ。

冒頭のように不謹慎なことを口走るのは、ワイドショーの制作スタッフである。

「4000人の女性に30億円をつぎ込んだと豪語し、著書に70歳を過ぎても性行為は1日3回と綴っていた野崎さんのキャラも突出していましたが、未亡人となった須藤容疑者もパパ活にホストクラブ通い、セクシービデオ出演歴など疑惑のデパート状態でした。逮捕直前にもドバイ高飛び説や美容整形疑惑など、下手な2時間ドラマよりベタな展開でしたからね」(同・スタッフ)
容疑者出演のセクシービデオがバカ売れ
商魂たくましいのはマスコミだけにとどまらない。須藤容疑者が出演したセクシービデオを販売するサイトでは、逮捕直後から出演作をセールで売り出し、瞬く間に販売ランキング1位になる人気ぶり。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする