『竜巻注意』の発表件数が突出して増えた5月スタート 2日も天気の急変の十分注意を

『竜巻注意』の発表件数が突出して増えた5月スタート 2日も天…の画像はこちら >>
大気の状態が非常に不安定になり、竜巻注意情報の発表が相次いだ5月のスタート。あす2日も九州から東北の広い範囲で大気の非常に不安定な状態が続く見込み。局地的な非常に激しい雨や落雷、ひょう、竜巻に十分注意を!
突出して増えた「竜巻注意情報」発表件数
上の図は、2021年に入ってからの全国で発表された「竜巻注意情報」の発表回数を多かった日の順に並べた表です。きのう(4月30日)までの日最大は3月13日の50件でした。それがきょう5月1日は午後7時30分までに141件。発表件数が突出して増えました。
発表中の府県気象情報(午後7時30分現在)

図はきょう1日午後7時30分までに発表された府県気象情報(大雨・落雷・突風、降雹など)です。北海道と青森県、沖縄県を除く44の都府県に「大雨」や「落雷」、「突風」、「降ひょう」に関する府県気象情報が発表されています。あす2日にかけて日本付近の上空約5500メートルには、氷点下24度以下のこの時期としては強い寒気が南下する見込みです。また、日本海にある低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むことによって、西日本から北日本では、大気の非常に不安定な状態が続くとみられます。このため、あす2日にかけて局地的に1時間に50ミリの非常に激しい雨や1時間に30ミリの激しい雨が降る恐れがあります。また、活発な積乱雲周辺では落雷や竜巻などの激しい突風が吹いたり、ひょうが降る恐れがあります。
注意・警戒事項

活発な積乱雲が近づくサインを捉えることが肝心です。①真っ黒で不気味な雲が近づいてくる。②遠くから『ゴロゴロ』と雷の音が轟く。③急に冷たい風が吹いてくる。これらを感じた場合には直ちに頑丈な建物に避難するようにして下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする