東京23区の「ブランドマンション」ランキング、1位は野村不動産の「プラウド」 資産性1位は?

東京23区で最も希少性が高いマンションのブランドは、東京23区中8区で選ばれた野村不動産の「プラウド」であることが、マンションリサーチ(東京都千代田区)が2020年に売り出し成約したマンションを対象に実施した調査で判明した。

次いで三菱地所レジデンスの「ザ・パークハウス」が5区で選ばれ2位に、三井不動産レジデンシャルの「パークホームズ」が4区で選ばれ3位に入った。希少性の高さは、各ブランドマンションの総戸数に対して、20年に売り出された戸数の割合で判断した。この割合が低いほど売り出されにくく、希少性が高いとされる。

最も流動性が高いブランドは、三菱地所レジデンスの「ザ・パークハウス」と、三井不動産レジデンシャルの「パークホームズ」が1位だった。23区中それぞれ7区で選ばれた。流動性は、20年に成約したマンションの売り出しから成約までの平均期間で判断した。期間が短いほど、流動性は高いとされる。

最も資産価値の上昇率が高かったブランドは?
23区各エリアで最も資産価値の上昇率が高かったブランドは、住友不動産の「シティタワー」だった。次いで、東京建物の「ブリリア」、三井不動産レジデンシャルの「パークホームズ」が選ばれた。資産性は、20年に23区内で売買されたブランドマンションの「対2019年」の平均成約坪単価の上昇率で判断した。

今回、23区内のブランマンションの希少性・流動性・資産性を調査した結果、全ての要素を持ち合わせているブランドはなく、それぞれが固有の特性を有していた。

21年より、マンションのニーズは回復傾向を示している。スタイルアクトの調査では、購入意欲が減った人が7.4%と、20年4月の43.5%から大きく回復し、新築マンションの購入意欲が増加傾向にあることがうかがえた。。

コロナ禍の相次ぐ自粛要請により、自宅で過ごす時間が増えた。テレワークの導入により、自宅の環境に対し仕事のしやすさ、広さ、周囲の環境などを考慮し、住み替えを検討する人も増加している。人々の価値観の変化が今後のマンション選択にどう影響を及ぼすのか、注視される。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする