GW、子どもと何をして遊ぶ? – パパ・ママ4割が「自宅で過ごす」と回答

エイチームフィナジーが運用する「ナビナビ住宅ローン」はこのほど、「GWの過ごし方とおうち時間を楽しむ工夫に関する調査」の結果を発表した。同調査は3月25日~26日、20代~30代の小学生以下の子どもを持つ男女1,210人を対象にインターネットで実施した。

2021年のGW(5月1日~5月5日)はどのように過ごすか尋ねたところ、「自宅で過ごす」(43.7%)が最も多く、次いで「日帰りで出かける」(29.3%)となった。「泊まりがけで出かける」(18.4%)は2割弱という結果になっている。

子どもと一緒に自宅で楽しめる遊びや工夫をしているか尋ねると、30.8%が「よくしている」、54.2%が「ときどきしている」と回答した。合わせると約85%の親が、子どもとのおうち時間を楽しむための工夫をしていることがわかった。

どのような工夫をしているか尋ねたところ、InstagramやYouTubeを参考にしているという声が多く寄せられた。具体的には、「ボールで遊んだり、音楽をかけて踊ったり、晴れの日にはベランダで遊んだりして楽しく過ごしている」(子ども/1歳)、「お風呂場でしゃぼん玉で遊ぶ」(子ども/2歳)、「手作りのすごろくを作って遊ぶ。時間と手間がかかり大変だが、作る過程からずっと楽しめる」(子ども/4歳、6歳)などの声があがった。

さらに、「ホットプレートなどで子供も参加できる料理をしている」(子ども/7歳)、「夏は家で夏祭りごっこ」(子ども/1歳、5歳)、「ダンボールを使って工作」(子ども/6歳)、「雨の日にはレジャーシートを敷いて思いっきり絵具遊び」(子ども/2歳)などで遊んでいるという声も寄せられた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする