上高地開山祭で安全祈願=長野県松本市〔地域〕

北アルプス登山客の安全を祈願し、山岳観光シーズンの幕開けを告げる「上高地開山祭」が、長野県松本市の上高地で行われた。
梓川に架かる河童橋(標高1500メートル)のたもとで行われた開山祭には、山小屋関係者や地元住人ら約60人が参加。新型コロナウイルス感染拡大防止でイベントを省略し、安全祈願の神事のみとなった。
市アルプスリゾート整備本部によると、訪れる観光客は例年120万人超だが、昨年は42万7000人にまで落ち込んだ。関係者らは国が進めるワクチン接種により、客足を呼び戻したい考え。
臥雲義尚市長は「上高地に若い世代や家族連れ、さまざまな世代が訪れることを祈りたい」との祝辞を寄せた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする