末期がんの母の夢を叶えたい 息子が6週間で200万円近く稼いだ方法とは?

アメリカ・ペンシルベニア州フィラデルフィアで中学校の教師をしているダスティン・ヴィターレさん。
彼の母親であるグロリアさんは、2020年に末期がんと診断されました。
海外メディア『Good News Network』によると、グロリアさんには長年の夢があるのだそう。
それは家族と一緒にエジプトを訪れてギザのピラミッドを見ること。
その母の夢を知ったダスティンさんは、なんとかして叶えてあげたいと思い、エジプト旅行のための旅費を稼ぐ方法を考えます。
彼が情熱を持っていることは3つあるのだとか。『学校で歴史を教えること』『家族』そして『チーズステーキ』。
このチーズステーキとは『フィリー・チーズステーキ・サンドイッチ』のこと。
長いロールパンに、炒めた薄切り肉と溶けたチーズを挟んだフィラデルフィアの名物料理です。
ダスティンさんは「手作りのサンドイッチを売ってお金を作ろう」と思い立ちます。そして家族と協力して、特製のフィリー・チーズステーキを販売することにしたのです。
彼のサンドイッチが買えるのは週末のみ。朝4時からパンを焼き始め、ダスティンさんと彼の妻、義理の両親、兄弟姉妹、さらに友人たちも加わり、おいしいサンドイッチを作り続けました。
新鮮なパンに、チーズが絡まったたっぷりのお肉が入った、ダスティンさんのサンドイッチは大好評。
さらに地元の有名なシェフが彼のサンドイッチをInstagramで絶賛したことから、注文が爆発的に増えたといいます。
そして彼らがサンドイッチを売り始めてから6週間後には1万8千ドル(約195万円)を売り上げ、目標にしていたエジプト旅行の費用が集まったのです。
※画像は複数あります。左右にスライドしてご確認ください。
Dustin Joseph James Vitale(@dvitale23)がシェアした投稿
彼のサンドイッチは1つ15ドルなので、1万8千ドルを稼ぐには1千200個のサンドイッチを売ったことになります。すごい数ですね。
ダスティンさんの作るサンドイッチがあまりにもおいしいため、「店を出したら?」という声も聞かれるのだとか。
しかし彼は教師の仕事が大好きなので、転職するつもりはないそうです。
ダスティンさんとグロリアさんのエジプト旅行は2021年後半に行く予定とのこと。
母親の夢を叶えるために全力を尽くした孝行息子のダスティンさん。
家族で訪れるピラミッドは、グロリアさんにとって最高の思い出になることでしょう。
[文・構成/grape編集部]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする