夫の出社後、冷蔵庫を開けた妻が驚愕 勘違いも納得の「擬態」クオリティが話題に

(画像提供:ミロタン・アッカネンさん)人間誰しも日常生活の中で「見間違い」などの勘違いは、多かれ少なかれ経験しているもの。本人からすればごく真面目なケースが多いのだが、第三者の目線から見ると非常に微笑ましいものである。
画像をもっと見る■冷蔵を開けて驚いたワケは…現在ツイッター上では、27日にミロタン・アッカネンさんが投稿した一件のツイートが話題に。投稿されたツイートには自宅で撮影したと思われる冷蔵庫の中身が写っており、パックの牛乳や包装紙に包まれた寿司の様子が確認できる。しかし本文に「寿司プラモ、キッチンに置きっぱなしにしてたら無事旦那に冷蔵庫に入れられてた件」とつづられているように、どう見ても「テイクアウト用の寿司」にしか見えないこちらの包みは、寿司型プラモデルのパッケージだったのである。寿司プラモ、キッチンに置きっぱなしにしてたら無事旦那に冷蔵庫に入れられてた件 pic.twitter.com/XBRiKtHaSG ミロタンアッカネン† (@Mona15g) April 27, 2021
関連記事:だいたひかるの「くら寿司の注文方法」がプロ級 マニアも認めた注文内容とは■クオリティの高さに反響の声相次ぐ

こちらの商品は、日本で初めてプラモの金型を製造したという、いわば日本プラモ界のパイオニアとも呼ぶべき「秋東精工」が24日より販売をスタートした「寿司プラモ」なる逸品。ちなみにこちらの『寿司プラモ』箱から出さずに酔っ払いごっこもできたりします!
(写真は弊社社員がノリノリで撮影しました。笑)
真面目に作ったおかしな商品ですが
ぜひ作っていただけると幸いです♂ pic.twitter.com/8cwnBfLoNP 秋東精工【江戸川区船堀】プラモメーカー (@syutoseiko) April 23, 2021公式もかなりノリノリで、漫画やアニメなどでよく見られる「額に巻いたネクタイ」「ずれた眼鏡」「指先にぶら下げた寿司(プラモ)の小包」という三種の神器を揃えた、由緒正しき「パーフェクト酔っ払い」の正装写真をツイッターより投稿している。

しかしもちろんこちらのプラモ、パッケージだけでなく、中身の「寿司」のクオリティも恐ろしいことになっているのだ。まず特筆すべきは文字通り「桁違い」のパーツ数であろう。■理外の「360パーツ超え」にはワケがあった寿司のプラモと聞けば、どういったパーツを思い浮かべるだろうか。恐らく大多数の人が、シャリとネタを連結させるだけの、非常にシンプルな仕様を想像することだろう。

しかしこちらの「寿司プラモ」は超本格派で、なんとシャリを自分で「握る」ことが可能。具体的に説明すると、同梱されている364粒の「米粒パーツ」を合体させ、ユーザー自らの手でシャリを作り上げていくのだ。インパクトが凄まじいこちらの商品は、プラモファンだけでなく多くの人々のハートをガッシリ掴むことに成功し、ツイッター上には「米粒パーツ多すぎて笑った」「こういうことを本気でやる会社は素晴らしい」「正直、めっちゃ欲しい」といった称賛の声が相次いでいる。そこで今回は、こちらのプラモを展開する秋東精工の担当者に取材を敢行。すると、寿司プラモにかけた同社の熱い思いをひしひし感じることができた。
■寿司プラモ爆誕の経緯

まずは寿司プラモ開発の経緯について尋ねてみると、「GWも含めて巣篭もり需要が高まっている情勢で、少しでも楽しい商品をご提供できたら良いなと思い、開発にいたりました」という回答が。さらに具体的な切っ掛けについては、ツイッターにて「寿司のプラモデルがあったら良いな…」という画像をアップしていたユーザー投稿を見かけ、それを受けて実際に作ってみようと構想した経緯があるとのこと。開発の際はリクエストの声を上げていたユーザーにもしっかり許可をとっており、「ユーザーの目線」を大切にする同社の姿勢が伝わってきた。

想像を超える反響の大きさを受けて、今後のシリーズ化も視野に入れているそう。現在は「鮪」と「サーモン」の2種展開となっているが、「最終的にはイクラの軍艦巻きなど作れたら楽しいかなと考えております」と、展望を語ってくれた。米粒だけで既に360パーツをオーバーしているワケだが、「いくらパーツ」が追加された際は、果たしてどれだけのパーツ数になってしまうのか…考えただけでワクワクが止まらない。
■組み立てる際のコツ・注意点続いて最大のこだわりポイントであろう米粒パーツについて、掘り下げて話を聞いたところ「より本物の寿司と同じ米粒になるよう、数種類の寿司を食べて検証しました」と、ガチ感あふれる回答が。

なお、一番シャリの大きかった寿司は、米が約360粒ほどだったため、そちらに準拠しているとのこと。組み立てる際のコツについては「とにかく集中して一粒一粒組み上げていくことです」「自由度の高い商品なので、お好きな米粒でシャリを握って頂ければ良いかと思います」とコメントしてくれた。また、あまりにクオリティが高すぎるデザインのため、同居人には「寿司の形をしたプラモである」ということをしっかり伝えておいた方が安全かもしれない。

(画像提供:ミロタン・アッカネンさん)夫が勘違いして冷蔵庫にパッケージをしまってしまったミロタンさんに発見時の様子を聞いてみたところ、「朝、夫が出勤してから寿司プラモがなくなっている事に気付き、ひとしきり探したのですが出てこず…」「休憩でお茶を飲もうと冷蔵庫を開けたら無事に発見しました(笑)」と、そのインパクトを語ってくれた。ミロタンさんの夫曰く「『寿司なのに外に置きっぱなし!?』と感じて、急いで冷蔵庫に入れた」とのことで、帰宅してから説明を受けた際には自身の勘違いに破顔しつつも、そのクオリティの高さに驚いていたそうだ。

(取材・文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする