関ヶ原古戦場に立つ「時空を超えた電柱」が話題 設置までの経緯を聞いた

岐阜・関ヶ原町「関ヶ原古戦場」で開放されている公衆無線Wi-Fiが話題を集めている。ネットでは天下分け目の合戦と現代のスマホ社会を重ね合わせ、「戦中でもギガは大事なんだな」「Wi-Fiが有れば東軍に勝てた」と盛り上がるユーザーの声が続々上がっている。
画像をもっと見る■石田三成陣地に飛ぶフリーWi-Fiツイッターユーザーのしゅうさんは12日、「えっ???今時の石田三成陣地ってWi-Fi使えるの????」とコメントを添え、関ヶ原古戦場に立つ「Free Wi-Fiつかえます」という看板と、真新しい電柱の写真をアップした。「史跡 関ヶ原古戦場 石田三成陣地」と掘られた立派な石柱と、キャラクターが描かれたフリーWiFiの看板…時代を超えたなんとも絶妙なマッチングはまたたく間にネットで話題となり、4月30日時点で7,500を超えるリツイート、17,000ものいいねが付けられている。えっ???今時の石田三成陣地ってWi-Fi使えるの???? pic.twitter.com/sZwnZhit1y しゅう (@tinaru3226) April 12, 2021
関連記事:笠井信輔アナ、闘病中に体験した隠れた苦労を語る 「毎月1万円程度の料金が…」■設置は2020年4月

(石田三成陣地跡・関ヶ原町提供)時間が止まったかのような古戦場でフリーWi-Fi。そんななんともユニークな取り組みを仕掛けたのは、関ヶ原町役場だ。地域振興課に話を聞くと、設置は2020年4月といい、同年7月に当初開館予定だった「岐阜関ケ原古戦場記念館」(その後10月に延期し開館)オープンに合わせたものだったという。同課担当者は「もともと国内の観光客に加え、多くの外国人観光客が訪れるスポットでしたので、Wi-Fiを整備し、より快適に観光を楽しんでいただきたい、という思いがありました。しかし設置直後、新型コロナが蔓延してしまい…」と、その経緯をどこか寂しげに明かしてくれた。■「Wi-Fiは利用しませんでした(笑)」

(徳川家康最後陣跡・関ヶ原町提供)フリーWi-Fiはこの笹尾山・石田三成陣地跡のほか、三成本陣から直線距離にて800mほどの場所にある「徳川家康最後陣跡」にも設置されている。雌雄決した両英雄がそれぞれ指揮した場所を選択したことも面白いが、コロナの影響でこの取り組みが大きく話題になることはなかった。そんな中、しゅうさんの何気ないツイートがスポットライトを当てることになる。名将・大谷刑部(大谷吉継)好きという通好みなしゅうさんは「もし令和の時代で関ヶ原の戦いがあったらその時もWi-Fi使うのかな?(笑)」と夢を膨らませつつ現地を散策し写真を撮影。「私の通信速度が元気だったので、Wi-Fiは利用しませんでした(笑)」と予想外の返答もあったが、この反響には驚きが隠せない様子を見せている。
■地元からは喜びの声前述・地域振興課もこの展開に嬉しさをにじませる。「設置以降、直接反響を耳にしたことはほとんどありませんでした。(しゅうさんのツイート以降)ネットで話題になっていると知り、本当に驚きましたね。『あ、バズってる!』と課でも盛り上がった(笑)。『その当時Wi-Fiがあったらどうなっていたか』と議論してくれるファンもいらっしゃって、ネタの一つになったのでしたら幸いです」とコメントをくれた。コロナが収まったら、ぜひこの地で電波を気にすることなく、歴史に浸ってほしい。

(取材・文/しらべぇ編集部・キモカメコ 佐藤)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする