橋下徹氏、岐阜県と三重県のまん延防止措置要請に私見「こんなのを全て政府がチェックできるわけがない」

元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏(51)が30日までに自身のツイッターを更新。新型コロナの感染再拡大を受け、岐阜県と三重県が政府に対し「まん延防止等重点措置」の適用を正式に要請したことについて、私見を述べた。
この日、両県の動きを報じた記事を貼り付けた橋下氏。「いったいいくつの市町村が適用されているんだろう」と疑問を呈した上で「こんなのを全て政府がチェックできるわけがない。適用の議論が形骸化しているのは間違いない。首長に任せればいいのに」と続けていた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする