清田の謹慎処分1日解除 反省態度を考慮 部外者との会食で虚偽説明 千葉ロッテ

千葉ロッテは30日、清田育宏外野手(35)=写真=に1月から科していた無期限謹慎の処分を、本人の反省態度を考慮して5月1日に解除すると発表した。昨年9月末に遠征先の札幌で禁止されていた部外者と会食していたことを球団に報告せず、虚偽の説明をしていた。
ロッテは札幌遠征直後の昨年10月上旬に8選手を含む計14人が新型コロナウイルスに集団感染していることが分かり、清田も陽性と判定された。球団は当時、感染対策で遠征時の会食は部外者を含まない4人以内と定め、集団感染発覚時には「ルールを破った選手はいない」と説明していた。
清田は球団を通じて「この度は私の軽率な行動により多大なるご迷惑をおかけしたことを改めておわび申し上げます。自分を律しチームの勝利に貢献していきたいと思います」とコメントした。
球団は、清田が謹慎期間中、新型コロナの影響の長期化により負担を抱える人々への支援を目的とした基金に寄付を行ったとした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする