東京滞在に不満、離婚示唆=野崎さん、元妻に―和歌山・資産家殺害

和歌山県田辺市で2018年、「紀州のドン・ファン」と呼ばれた会社経営野崎幸助さん=当時(77)=が急性覚せい剤中毒で死亡した事件で、東京に滞在して不在がちな元妻の須藤早貴容疑者(25)=殺人容疑などで逮捕=に対し、野崎さんが離婚を示唆していたことが30日、関係者への取材で分かった。県警は詳しい動機について調べている。
野崎さんと須藤容疑者は18年2月に結婚。野崎さんの会社関係者によると、須藤容疑者は野崎さんから月100万円を受け取る条件で結婚したとされるが、東京都内に滞在することが多かった。野崎さんはこうした状況に不満を募らせ、周囲にも離婚の意思をほのめかすような発言をしていたという。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする