放射性廃棄物を一般業者に=計測方法誤認、住民影響なし―防衛省

防衛省は30日、陸上自衛隊霞ケ浦駐屯地(茨城県土浦市)にある関東補給処が2019年2月、廃棄物に含まれる放射性物質が規制値を超えていたのに、許可を得ていない処分業者に引き渡していたと発表した。廃棄物は同年3月、補給処に戻され、金属容器で保管している。駐屯地周辺の住民への影響はないという。
同省によると、廃棄物はレーダーに使われる電子管などで、含まれる9種類の物質のうちセシウムとラジウムが規制値を超えていた。本来は許可を受けた業者に引き渡す必要があったが、担当者が事前に計測した表面の線量が基準値を下回っていたため、一般の業者でも構わないと判断したという。
同省は「担当者の認識不足があった。深刻に受け止めるとともに深くおわびする」としている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする