民家で親子刺される=父死亡、親族?男確保―千葉

30日午後3時ごろ、千葉県市原市青柳の民家で「父親がナイフで刺された」と110番があった。県警市原署によると、住人の親子2人が胸を刺され病院に搬送されたが、うち父親(74)が死亡。息子(42)は重傷だが、搬送時には意識があったという。親族とみられる男1人が車で逃走していたが、同市内で身柄を確保された。同署は殺人未遂容疑で捜査を進めている。
同署によると、父親は室内で、息子は敷地内の屋外で倒れていたという。現場から刃物などは見つかっていない。
男は40代くらいで身長は約170センチ。逃走時、上下とも青の作業着を着ていた。
現場はJR内房線五井駅から南西に約3キロの住宅街。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする