死亡の男性は48歳会社員=女性殺害に関与か―大阪府警

大阪府大東市の集合住宅で住人の大学4年、吉岡桃七さん(21)が殺害された事件で、大阪府警は30日、事件直後に下の階で起きた火災で死亡した男性の身元を、住人でビルメンテナンスの会社員(48)と確認したと発表した。
府警は、3階の吉岡さんの部屋からベランダに掛けられたはしごを2階に下りる人物が目撃され、着衣が男性とよく似ていることなどから、殺人などの容疑を視野に捜査している。
司法解剖の結果、吉岡さんの死因は失血死と判明した。遺体には深い刺し傷のほか、鈍器のようなもので後頭部を殴られた痕があったという。
府警などによると、吉岡さんの部屋のベランダ側の窓が割られており、就寝中に襲われた可能性があるという。玄関ドアには血が付いており、外側からストッパーを掛けられていたため逃げられなかったとみられる。
男性の部屋からは灯油らしきものが入ったポリタンクが見つかった。吉岡さんには20カ所以上の刺し傷があり、府警は男性がはしごで自室に戻った後、自ら火を放ったとみている。
吉岡さんは約3年前、男性は約5年前から1人暮らしをしていた。府警はトラブルの有無などを調べている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする