「今の新入社員は自分の新卒時より優秀」と思う理由 3位は「コミュニケーション能力」、2位は「理解力」、1位は?

「今どきの新入社員ってどう?」「新入社員と一緒に仕事をする際、大切だと思うことは?」――人材サービスを手掛けるキャリアデザインセンター(東京都港区)は4月7日、新入社員に関する調査結果を発表した。

職場に新入社員が入社した人(直近3年以内)に対し、「新入社員の1年目に点数をつけるなら、何点?」と尋ねると、「70~89点」(54.0%)が最も多く、「50~69点」(26.3%)、「90~100点」(11.6%)と続いた。平均は69.0点だった。

一方、「あなたの新卒1年目に点数をつけるなら何点?」と質問したところ、最も多かった回答は「50~69点」(39.9%)で、「70~89点」(34.1%)、「20~49点」(19.0%)と続いた。平均は57.2点だった。

新卒時における自分の点数と、今の新入社員の点数に差があった人に対し、その理由を尋ねた。

今どきの新入社員が新卒時の自分より優れていると考える理由の1位は「モチベーションの高さ」(42.2%)で、2位は「理解力」(41.2%)、3位は「コミュニケーション能力」(33.8%)だった。

新卒時の自分が今どきの新入社員より優れていると考える理由の1位は「ビジネスマナーの理解度」(55.3%)で、2位は「コミュニケーション能力」(53.2%)、3位は「理解力」(48.9%)だった。

今どきの新入社員を「ビジネスマナーの理解度」や「コミュニケーション能力」の面で低く評価していることに対し、キャリアデザインセンターは「マナーへの価値観やコミュニケーションの仕方は、世代でギャップが生じやすいことが関係しているのかもしれない」とした。

今どきの新入社員と仕事をする際、大切なことは?
「今どきの新入社員と仕事をする際、大切だと思うこと」を尋ねると、1位は「目的を明確にする」(53.3%)、2位は「話をよく聞く」(45.3%)、3位は「進捗を確認する」(41.6%)だった。

同社は、世相を反映しているポイントとして、「プライベートに立ち入らない」(26.9%)と「プライベートも把握する」(2.2%)、「プレッシャーをかけない」(25.4%)と「適度なプレッシャーをかける」(10.4%)、「低めの目標を設定する」(8.0%)と「高めの目標を設定する」(2.3%)というギャップに注目。それぞれダブルスコア以上の差が出ていることから、「近年の価値観が垣間見られる」と分析する。

「新入社員と仕事をすることでプラスになったこと」については、1位が「教えることで自分の業務理解が深まる」(56.1%)、2位が「新しい価値観に触れられる」(52.9%)、3位が「人が成長していく過程が見られる」(44.3%)だった。「プラスになったことはない」と回答した人の割合が4.6%にとどまったことから、同社は「ほとんどの人が何かしらポジティブな影響を受けている」とコメントした。

今回の調査は2月18日~3月4日、転職サイト「女の転職type」会員に対してWeb上で実施。741人から回答を得た。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする