「ようかん袋に300万円」=贈賄側元顧問が証言―IR汚職・東京地裁

カジノを含む統合型リゾート(IR)事業をめぐる汚職事件で、収賄などの罪に問われた衆院議員秋元司被告(49)らの公判が8日、東京地裁(丹羽敏彦裁判長)であり、贈賄側の中国企業「500ドットコム」の仲里勝憲元顧問(48)=贈賄罪で有罪確定=の証人尋問が行われた。元顧問は現金300万円をようかん袋に入れ、秋元被告に渡したと話した。
仲里元顧問は衆院選解散当日の2017年9月28日、もう一人の元顧問とともに秋元被告の議員会館事務所を訪問。会館内のトイレで300万円をようかんの袋に入れて準備し、事務所で秋元被告に「陣中見舞いです」と言って渡したと証言した。当時IR担当副大臣だった秋元被告に、ドットコム社の日本での事業参入を後押ししてほしいとの趣旨だったと説明した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする