初の5か国実施 海自も参加の多国間訓練「ラ・ペルーズ」フランスが主催のナゼ

インド洋で日仏米豪印5か国共同の訓練が始まりました。今回からインドが加わった「ラ・ペルーズ」と呼ばれるこの訓練、フランス主催で行われますが、なぜ本国から遠く離れたインド洋で訓練を主催するのでしょうか。
インド東方に広がるベンガル湾において、2021年4月5日(月)、フランス海軍主催の多国間共同訓練「ラ・ペルーズ」が始まりました。参加しているのは、フランス海軍から強襲揚陸艦「トネル」とフリゲート「シュルクーフ」、海上自衛隊から護衛艦「あけぼの」、アメリカ海軍からドック型輸送揚陸艦「サマセット」、オーストラリア海軍から補給艦「シリウス」とフリゲート「アンザック」、インド海軍からフリゲート「サツプラ」とコルベット「キルタン」の計8隻です。
「ラ・ペルーズ」は、もともとフランス、日本、アメリカ、オーストラリアの4か国により2019年5月に初めて開催された共同訓練です。それから2年経ち、今回インドが加わり、5か国にまで規模が拡大しました。なぜ今回、インドが加わることになったのか。それは、とうぜん中国をけん制するためです。
初の5か国実施 海自も参加の多国間訓練「ラ・ペルーズ」フラ…の画像はこちら >>海上自衛隊の護衛艦「あけぼの」の艦橋から見たアメリカ海軍のドック型輸送揚陸艦「サマセット」(画像:海上自衛隊)。
そもそも「ラ・ペルーズ」とは、18世紀後半に活躍したフランス海軍士官の名前です。彼は1785年、当時のフランス国王ルイ16世の命を受け、太平洋地域を探検して回りました。フランス主催だからこそ、訓練名に彼の名前が用いられているといえるでしょう。

ではなぜフランスが主催するのか。それは同国の海外領土が南太平洋のニューカレドニアやポリネシアなどにもあるからです。これら島々の領海や経済水域を守るために太平洋海軍管区および各駐屯軍が編成され、フリゲートなど各種艦艇が配備されています。
同様にフランスはインド洋南西部にも海外領土となる島が複数あります。そのため、フランス本土と太平洋は距離的には遠いものの、同国は他のヨーロッパ諸国よりも中国の外洋進出を注視しているようです。
日本、アメリカ、オーストラリア、インドは、2007(平成19)年5月に通称「クアッド」と呼ばれる4か国戦略対話の枠組みを構築し、2021年3月には初の4か国首脳会談を開いて、中国をけん制しています。
そのようななか、フランスも中国の外洋進出をけん制する目的で、オーストラリアやインドと3か国での連携を模索しているほか、西太平洋方面におけるプレゼンス強化を目的として日本やアメリカとの連携強化を図りつつあります。このような流れがあったことで、今回、インド洋を舞台に、初の5か国共同訓練が実現した模様です。
ベンガル湾で訓練中の各国艦艇。手前からフランス海軍フリゲート「シュルクーフ」、オーストラリア海軍補給艦「シリウス」、インド海軍コルベット「キルタン」(画像:海上自衛隊)。
なお、2021年3月にはアラビア海において、海上自衛隊の護衛艦「ありあけ」とフランスの原子力空母「シャルル・ド・ゴール」、フリゲート「プロヴァンス」が、ベルギー海軍のフリゲート「レオパルド1世」を交えて3か国共同訓練を行っています。
一部情報によると、空母「シャルル・ド・ゴール」はアラビア海周辺で中東諸国と共同訓練を実施したのち、地中海に戻るという話もあるものの、フランスは日米豪印とともに「すべての国家による国際法の尊重、特に航行と飛行の自由」を表明しているため、引き続き、各種艦艇のインド洋および西太平洋への派遣は続けられる見込みです。
今回の「ラ・ペルーズ」は4月7日(水)まで続き、その間、対潜水艦戦や艦載ヘリコプターの相互発着艦など各種戦術訓練が実施される予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする