アステリア、ステーブルコイン「JPYC」を発行する日本暗号資産市場と資本業務提携

アステリア(東京都品川区)は4月6日に、ステーブルコイン「JPYCoin(JPYC)」を発行する日本暗号資産市場(東京都港区)と資本業務提携したと発表した。データベースやクラウドなどのデータ連携を行うアステリアの主力製品「ASTERIA Warp」用に、JPYCを接続できるアダプターを開発する。また今後、JPYCの利用促進を図っていくという。

JPYCは日本円に連動した価値を持つ仮想通貨。いわゆるステーブルコインにあたる。日本暗号資産市場は1月末に、1億円分のJPYCを発行し、一般に販売を開始した。現在、ビットコイン、イーサリアムのほか日本円で購入でき、アマゾンでの買い物に利用できる。また、分散型取引所「ユニスワップ」での取引も可能。

アステリアは2019年2月に米国に設立した投資専門子会社「Asteria Vision Fund」を通じて出資を行う。データ、デバイス、非中央集権、デザインといった投資領域に注力しており、「非中央集権」に合致していることから今回の出資を決めた。出資比率は約3%。

ステーブルコイン以外にも、日本暗号資産市場は昨今注目されるNFTに関する技術も保有しており、アステリアはNFTを活用したデジタルデータの健全な価値管理に向けた活動も共同で推進するという。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする