疫病除けには「マンボウ」が効く? 謎に満ちた木版画が再び話題に

今年2月に成立した、まん延防止等重点措置。社会・経済への影響をもたらす感染拡大を防ぐ措置のことであり、5日から大阪、兵庫、宮城の1府2県で適用が開始された。正式名称が長いため「まん防」と省略されることも多いが、西村康稔担当大臣が「ちょっとふざけたような雰囲気もある」と発言するなど、略語の行方も話題になっている。そんな中、SNSで話題になっているのが「まん防」…ではなく「マンボウ」だ。
■話題のマンボウは博物館に疫病除けには「マンボウ」が効く? 謎に満ちた木版画が再び…の画像はこちら >>話題の「マンボウ」がいるのは、和歌山市立博物館。郷土和歌山の歴史・文化遺産に関する市民の理解と認識を深め、教育・文化の発展に寄与することを目的として昭和60年11月に開設された歴史ある博物館だ。この博物館の中に「疫病」に効果があるマンボウがいるのだとか。
関連記事:吉村府知事の「まん延防止措置」に異議 ほんこんの発言に反響広がる■謎の「疫病除けマンボウ」

それがこの「疫病除けマンボウの図」。「疫病除ケ」の文字とともに、本物のマンボウが堂々と描かれている。マンボウって漢字で「満方」と書くのか…。19世紀に疫病除けとして刷られたものと見られているが、正確な制作時期も作者も不明。そもそもなぜマンボウが疫病除けなのかもわからないという。■昔の人の「疫病除け」祈願を紹介「疫病除けマンボウ」の展示を始めたのは、新型コロナウイルスの第2波が来た昨年8月1日。謎に包まれた「疫病除けマンボウ」の展示に踏み切った理由について、和歌山市立博物館の担当者は「当館には民俗コーナーがあり、病気平癒や子供の成長を祈願した昔の絵馬や人形が展示されています。昨年コロナウイルスが流行する中で、昔の人が疫病除けをどのように祈願したのかを紹介するべく展示しました」と話す。その後9月30日で展示を引き下げていたが、感染再拡大を受けて12月3日から再展示を開始。3月21日に収蔵していたものの、「見たい」という多くの希望が寄せられたため、4月4日から再度展示を開始している。理由はわかりませんが、昨日から急に数多くの要望が寄せられたため、4日から再び「疫病除けマンボウ」を展示します。なお、繰り返しになりますが、当館の「マンボウ」は、まん延防止等重点措置のことではありません。ふざけた雰囲気もありません。#疫病退散 #新型コロナウイルス #マンボウ pic.twitter.com/k1S8KuCHvp 和歌山市立博物館 (@w_city_hakubuts) April 2, 2021マンボウ目当てに来場する人もいたそうで、「『疫病除けマンボウ』は疫病に罹らないことを祈るものです。ご来館される方はくれぐれも来館途中や館内での感染対策をお願いいたします」と呼びかける。
■2つの「まんぼう」SNS上では、豊作や疫病などを予言したといわれる妖怪・アマビエとのコラボや、グッズ化を希望する声が上がっているが「今のところ未定」とのこと。担当者も「少し驚いた」という、まん延防止等重点措置=まん防のネーミング。どちらも決してふざけたものではなく、疫病に罹らないよう、そしてこれ以上感染拡大しないよう真剣に願うものだ。第4波の始まりが近いと言われる今、2つの「まんぼう」の力を信じたい。

(取材・文/しらべぇ編集部・たつき あつこ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする