JAL、P&Wエンジン搭載のボーイング777全機退役 運航再開めど立たず

GE製エンジン搭載の777型機はこの後も使われます。
JAL(日本航空)は2021年4月5日(月)、国内線で使用していたボーイング777型機について、P&W(プラット&ホイットニー)社製エンジンを搭載する7機を2020年度末で退役させたと発表しました。
JAL 飛行停止中のP&Wエンジン搭載ボーイング777全機退役への画像はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする