会社宛ての電話は「不要」「ストレス」、その理由は?

会社への電話を受けた際に「不要な電話だなあ」と感じたことがある人はどのくらいいるのだろうか。過去3年以内に、会社への電話を受けたことがある人に聞いたところ、「不要な電話だと感じたことがある(とても+まあまあ)」と答えたのは62.8%であることが、電話代行サービスを手掛ける「うるる」(東京都中央区)の調査で分かった。

不要な電話だと感じたことがある人に、その理由を尋ねたところ「取り次ぎがムダだから」「部長と電話が共通だったが、管理職は携帯持ちなので直接携帯にかけてほしい」「たいした要件でもない電話や、簡単な確認や質問事項など、マニュアルや案内を再確認するか、メールで対応可能だと思うことが多い」といった声があった。

昔と比べて、仕事を進める上で電話でやりとりすることの必要性が高まっていますかという質問に対して、「感じていない(全く+あまり)」と答えたのは63.0%。その理由として「他の人が受けても問題がないため」「メール、問い合わせメール、チャット、Zoomなどでまったく不便ではないので」などの意見があった。この結果について、うるるは「オンラインコミュニケーションやビジネスチャットツールの台頭が後押ししたことも、電話自体の重要性が薄まっている要因と考えられる」と分析した。

会社への電話はストレス
会社への電話を受けることがストレスになっている人は、どのくらいいるのだろうか。「ストレスを感じる(とても+まあまあ)」と答えたのは66.3%。ストレスを感じる人からは「業務が中断されるから」「電話対応に時間がかかるから」「電話の取り次ぎが面倒だから」といった声があった。

インターネットを使った調査で、首都圏または大阪、愛知で働くビジネスパーソン400人が回答した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする