小池都知事、北朝鮮の五輪不参加表明に「最初のリアクションはIOCということになる」

東京都の小池百合子知事(68)は6日、都庁で記者団の取材に応じ、北朝鮮が今夏の東京五輪に参加しない方針を表明したことについて「組織委員会の方ではまだ聞いていないと聞いている。だいたいこれはIOCが招待をするものですから、まずはIOCに(不参加の)連絡がいくのではないか。ですから、最初のリアクションはIOCということになるのではないか」と述べた。
海外メディアによると、北朝鮮は同日「選手らを新型コロナウイルスから保護するため」などの理由で、東京大会を欠場することを宣言したと報じた。世界的な新型コロナウイルスの流行を理由に不参加を表明するのは、今回の北朝鮮が初めて。
東京都はこの日、新型コロナウイルスの感染者が新たに399人確認されたと発表した。1日当たりの新規感染者数は6日連続で前週の同じ曜日の感染者数を上回った。新規感染者の7日間平均は396・9人となり、前週(361・6人)の109・8%で増加傾向が続いている。重症者数は前日から2人減の44人だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする