驚愕の”モンスター新人” 「懇親会で大皿の刺し身を一気食い」「定時間際に仕事を始めて残業」

新年度が始まり、職場に新人が来たという人も多いだろう。しかし、一緒に働いてみると”モンスター新人”だと発覚することもある。
正社員として惣菜製造を行う50代女性は、新人について、
「挨拶、返事をせず、こちらかしても無視する。聞きもしないで勝手に作業しては人のせいにして言い訳をするので困っている」
「挨拶、返事をせず、こちらかしても無視する。聞きもしないで勝手に作業しては人のせいにして言い訳をするので困っている」
と綴る。何度注意しても一向に変わろうとする気配がなく、手を焼いているようだ。
■「真夏でもエアコンをつけたがらないので男性社員が汗だくになってましたね」
ITエンジニアの40代女性は、ある新人女性について綴る。
「新人研修の真っ最中に『私、彼氏がいるんです』と彼氏の話を始めました。また、研修中なのにお弁当を食べ始めたのには驚きましたね。彼女いわく『お弁当を残したくないんです……』といい、5回にわけて食べてるとのこと」
「新人研修の真っ最中に『私、彼氏がいるんです』と彼氏の話を始めました。また、研修中なのにお弁当を食べ始めたのには驚きましたね。彼女いわく『お弁当を残したくないんです……』といい、5回にわけて食べてるとのこと」
ちなみに、その新人女性は研修の感想として「付け焼刃な研修だったが、なかなか意義があった」とずいぶん上から目線のコメントを書き込んでいたという。その新人は、研修が終わっても”独特”だった。
「嫌なことがあるとトイレに駆け込んで歯磨きをしていました。真夏でもエアコンをつけたがらないので男性社員が汗だくになってましたね、エアコンをつけても勝手に消すので 。注意すると泣き出したり逆切れしたりしてました」
「嫌なことがあるとトイレに駆け込んで歯磨きをしていました。真夏でもエアコンをつけたがらないので男性社員が汗だくになってましたね、エアコンをつけても勝手に消すので 。注意すると泣き出したり逆切れしたりしてました」
懇親会で社長が挨拶をしたときは、「みんながおとなしく聞いているのに、チャンスとばかり大皿の刺身のほとんどを口にかきこんでいました」という。大量の刺身を一気食いできるなら、弁当も1回で食べられそうだが、本人にとってそれとこれとは別なのかもしれない。

■仕事の前任者に「軽蔑した態度」
管理・事務の40代女性は、22歳の中途新人について綴る。新人は前任者から仕事の引き継ぎを受けていたが、「ずっと軽蔑した態度を取っていました」という。さらに、前任者が退職した途端、上司にさえタメ口をきくようになった。
「その上、空気を読まない、会議の時もメモを取らない、電話に出ない。あまりにも態度が悪いので注意すると、明らかに怒りの表情。定時内にはパソコンをただ見つめて、ボーッとしてるのに、定時間際から忙しく仕事を始め残業をしています。毎日困ってます」
「その上、空気を読まない、会議の時もメモを取らない、電話に出ない。あまりにも態度が悪いので注意すると、明らかに怒りの表情。定時内にはパソコンをただ見つめて、ボーッとしてるのに、定時間際から忙しく仕事を始め残業をしています。毎日困ってます」
協調性がないだけでなく、態度まで悪いと、本人と接するのも嫌になるだろう。同じ職場で一緒にやっていくには難しい人材であることは間違いない。
※キャリコネニュースでは引き続き「モンスター新人目撃談」のほか「会社や人事にバレたらヤバいこと」や「夫・妻に対する不満」などのアンケートを募集しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする