JR東「サフィール踊り子」、密を避けた旅行需要で予約は好調 4月から新パスタ提供

JR東日本は、伊豆エリアへの観光特急列車「サフィール踊り子」で提供するメニューを刷新し、4月からミシュラン1つ星イタリアン「Ristorante HONDA」の本多哲也シェフが監修したパスタなどを新たに提供している。運行開始から1年を迎えたサフィール踊り子。コロナ禍で密を避けた旅行需要が高まる中、観光列車の魅力の1つである料理を刷新し、リピーターや新たなお客獲得に向け訴求を図る。

「サフィール踊り子」は、20年3月のダイヤ改正に合わせて登場。東京・新宿~伊豆急下田間で運転している。全車両がグリーン車であることから、密を避けた旅の方法としてコロナ禍でも予約状況は好調だという。同社によると、個室を中心に4月下旬までは満席。グリーン車も8割程は埋まっている。

新たに提供するメニューは、「伊豆産フレッシュトマトのスパゲティ」(税込1100円)「サザエとリングイネのジェノベーゼ」(1350円)、「HONDA プレミアム渡り蟹カレー」(1850円)など。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、カフェテリアの営業を休止していたが、3月26日から再開。利用人数を制限しているほか、グリーン個室を利用するお客にはデリバリーを実施して密を避けて食事ができるようにした。

同社の営業部輸送戦略グループの中村圭助副課長は「伊豆は都心から近く、海外に行けない代わりに密を避けた新しい旅行形態として選んでいただいている。新しく提供するメニューと共に、移動自体を楽しんでもらいたい」と話す。

「サフィール踊り子」は2020年3月のダイヤ改正に合わせて登場。東京・新宿~伊豆急下田間で運転している。1号車はプレミアムグリーン(1+1列)で、2~3号車はグリーン個室。個室は落ち着いてくつろげるカフェをイメージした室内で、1~6人で利用できるようにした。

4号車のカフェテリアにはオープンスタイルのキッチンを構え、車両内で仕上げた料理を楽しめるようにしている。また、5~8号車はグリーン車(2+1列)となっている。車内は無料公衆無線LANを提供しているほか、バリアフリーのトイレや車いす対応座席を設けた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする