98年長野五輪最終点火者・伊藤みどりさん聖火トーチ掲げ走った 「意義のあるリレーになった」

東京五輪の聖火リレーは1日、長野県でスタート。1998年長野五輪で競技を開催した長野市や白馬村など7市町村で行われた。
新型コロナウイルス感染再拡大により、善光寺付近の一部コースと式典会場が無観客となった長野市ではスキー複合団体で92年アルベールビル、94年リレハンメル大会金メダルの荻原健司さん(51)、アルベールビルのフィギュアスケート女子銀メダルの伊藤みどりさん(51)が走った。長野五輪で最終点火者となった伊藤さんは、無観客となった会場で点火皿に火をつけ「今回は皆さんの思いをつなげる大役。(無観客で)寂しいリレーになるかと思ったけど、思いをもって走れたし、意義のあるリレーになった」と語った。
長野市以外でも、冬季五輪を彩ったランナーが多く参加。白馬村ではスキー・モーグルで長野金メダルの里谷多英さん(44)や同種目で5大会連続入賞の上村愛子さん(41)らが務めた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする