パート先のトンデモ新人に驚愕「鶏皮をやたらと持ち帰ろうとするんです。人手不足だったので上司も黙認していました」

新年度を間近に控えた現在、人手不足で困っている職場も多いことだろう。しかし、新たに採用した人が”トンデモ新人”だったとしたら、仕事が楽になるどころか苦労が増える場合もある。
40代女性は、スーパーの精肉部門でパート勤務をしていた時のことを綴る。一緒にPTA活動をしていたAさんが仕事を探しており、「いま募集かけてるから応募してみたら?」と自身の職場を薦めた。だが、「そう声を掛けたのが失敗でした」と語る。
勤務中に「子どもの旗振り当番だった!」と職場を抜け出す
女性の勤めるスーパーでは、鶏皮は商品として扱っていなかった。そのため、先輩社員から「鶏肉を切った時にあまりにも鶏皮が多かったら、うちは鶏皮を販売していないから持って帰ってもいいよ」と言われていた。
「ただ、実際そんなに余ることはありません。でもAさんは『子ども達のおやつに持って帰ろー!』と鶏皮をわざわざ切り離しはじめ、おまけに肉もわざと付けたまま持ち帰るようになりました」
「ただ、実際そんなに余ることはありません。でもAさんは『子ども達のおやつに持って帰ろー!』と鶏皮をわざわざ切り離しはじめ、おまけに肉もわざと付けたまま持ち帰るようになりました」
さすがにそれはどうかと思った女性は店長に伝えたが、「人手が足りてないからねぇ……」と黙認された。ほかにもAさんは、商品を冷凍庫から出して放置し、自分がやったのを忘れて「なんで冷凍肉が出ているの!?」と怒る、自分の不手際から蛍光灯を割るなどしていた。
「その罪のなすりつけはすべて私に……。冷凍肉の時は少し時間が経ったら『あっ!出したの私だった~テヘペロ~』。それだけじゃありません。仕事中に『子どもの旗振り当番だった!』と仕事を抜け出したり、消音にすべき自分のスマホが鳴ったら普通に電話したりしていました」
「その罪のなすりつけはすべて私に……。冷凍肉の時は少し時間が経ったら『あっ!出したの私だった~テヘペロ~』。それだけじゃありません。仕事中に『子どもの旗振り当番だった!』と仕事を抜け出したり、消音にすべき自分のスマホが鳴ったら普通に電話したりしていました」

売上に貢献した女性だったが「あ、もう知らね」
せっかくパートを採用しても、これでは人手不足解消にならないだろう。それだけでなく、女性が再婚を決めたときには、
「どこからか聞きつけ、なぜか『再婚するとか絶対許さない!』毎日毎日罵詈雑言浴びせられました」
「どこからか聞きつけ、なぜか『再婚するとか絶対許さない!』毎日毎日罵詈雑言浴びせられました」
と恩を仇で返すような仕打ちをした。結局、女性は退職をしたが、実はこの職場、彼女が回していたも同然だった。
「上司がなかなか発注を控える人で、以前は頻繁にお客様から『またひき肉ないの?』『また広告の品のお肉ないの?』とクレームを受けていました。でも私が発注を始めてから売り上げが大幅アップし、お客様にも喜ばれていました」
「上司がなかなか発注を控える人で、以前は頻繁にお客様から『またひき肉ないの?』『また広告の品のお肉ないの?』とクレームを受けていました。でも私が発注を始めてから売り上げが大幅アップし、お客様にも喜ばれていました」
その後、この職場はどうなったのか。女性は「人手もようやくトンデモ新人含めて3人になったところですが、こちらが鬱病手前で精神科にかかろうかと思ってたほどなので『あ、もう知らね』って感じでしたね」と振り返る。
※キャリコネニュースでは引き続き「モンスター新人目撃談」のほか「会社や人事にバレたらヤバいこと」や「夫・妻に対する不満」などのアンケートを募集しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする