日本初の城泊施設がオープン=長崎県平戸市〔地域〕

長崎県平戸市の平戸城が大規模改修によりリニューアルされ、櫓(やぐら)の一部が常設の宿泊施設としてオープンした。市は日本初の「城泊(しろはく)」として、観光PRに力を入れる。宿泊料金は素泊まりの場合、1泊最大60万円で、1日1組5人まで。
平戸城は日本城郭協会が定める日本百名城の一つ。2018年から大規模改修に入っていた。
黒田成彦市長は記念式典で「宿泊者や観光客には、殿様気分を満喫してもらいたい。さまざまな体験メニューを通じ、日本が誇る観光資源として、世界や未来に評価してもらえるように活用する」とあいさつした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする