将棋の橋本八段が引退

日本将棋連盟は2日、奇抜な髪形やユニークな言動で人気だった橋本崇載八段(38)が同日付で現役を引退したと発表した。昨年10月から休場しており、引退理由は「一身上の都合」としている。
橋本八段は石川県小松市出身で2001年、18歳でプロ入り。同連盟の運営に対する歯に衣(きぬ)着せぬ発言で話題になったほか、東京都内で経営していた「将棋バー」でファンの支持を集めた。名人戦・順位戦で最上位のA級に1期在籍し、実力派としても知られた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする