小学1年生が「就きたい職業」ランキング 男の子の定番だった「スポーツ選手」が2位に陥落、1位は?

化学メーカーのクラレは4月2日、この春に小学校に入学する子どもと親を対象に実施した「将来就きたい職業」「就かせたい職業」の調査結果を発表した。

男の子が「将来就きたい職業」の1位は「警察官」(17.2%)で、2位は「スポーツ選手」(13.0%)、3位は「消防・レスキュー隊」(7.6%)という結果に。1999年の調査開始以来、ずっとトップだったスポーツ選手が初めて2位になった。スポーツ選手だけでなく、「運転士・運転手」も1年前には3位だったが、今回の調査では4位に後退した。

同社は「新型コロナウイルス感染対策で、スポーツ観戦や旅行もままならない状況が、子どもの夢にも影響を及ぼしているかもしれない」と分析している。また、1年前に初めてトップ10入りした「ユーチューバー」は、今回は7位になった。

女の子が「将来就きたい職業」の1位は、「ケーキ屋・パン屋」(26.7%)だった。調査開始以来、23年連続で1位を守った。

2位は「芸能人・歌手・モデル」(6.4%)、3位は「看護師」(6.2%)だった。1年前の調査で警察官は9位だったが、今回の調査では6位にランクイン。男女ともに、警察官への注目が高まっていることが分かった。

親が「就かせたい職業」は?
男の子の親の「就かせたい職業」1位は「公務員」(25.3%)で、2位は「会社員」(10.3%)、3位は「医師」(6.1%)となった。これまでも公務員は圧倒的に強かったが、今回の調査では会社員が過去最高の順位・比率となった。クラレは「堅実と安定を願う気持ちが強くうかがえる」と分析する。

女の子の親の「就かせたい職業」1位は「看護師」(17.3%)で、2位は「公務員」(13.9%)、3位は「医師」(7.2%)だった。4位が「薬剤師」(6.9%)、5位が「医療関係」(6.4%)で、医療系の職業が特に人気を集めている。2位の公務員は過去最高の比率となった。

今回の調査はインターネット上で実施した。調査期間は2020年7月~21年1月で、4月に小学校に入学する子ども4000人とその親4000人から回答を得た。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする