メルカリ、仮想通貨参入 売上金のビットコイン受け取りも

メルカリは4月2日、暗号資産やブロックチェーンに関する事業を行う子会社、メルコインを4月下旬に設立すると発表した。メルペイに続く第3の柱として位置づける。

メルカリにおいては売上金のビットコイン受け取り機能や、メルペイでも暗号資産を1つのウォレットで取り扱えるようにし、ビットコインでの運用機能を提供するなど、仮想通貨をサービスに組み込んでいく。また、メルコインは今後、暗号資産交換業者の登録申請を行う予定だ。

投資資産としての仮想通貨の側面だけでなく、決済や送金での利用にメルカリは注目。さらに、昨今注目が高まっているNFT(ノンファンジブル・トークン)にも関心を持っている。「国内においてもこれまでにない、新たな顧客体験を提供できる可能性がある」としている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする