突然の祝日変更受け、カレンダー業界が瀕死と話題 じつは既に修羅場をくぐっていた

新型コロナウイルスの影響を受け、開催が翌年へ延期となった東京オリンピック。こちらの延期に伴う2021年度の祝日変更を受け、カレンダー業界に注目が集まっていることをご存知だろうか。
画像をもっと見る■昨年11月に可決・成立東京オリンピックの開催延期が決定したのは2020年3月24日のこと。追って30日には、2021年7月23日より開幕となることが決定した。それに伴い、2021年は「海の日」がオリンピック開会式前日に当たる7月22日、「スポーツの日」が開会式当日の7月23日、「山の日」が閉会式当日の8月8日へと移動することが決定。しかし祝日の移動に関する特別措置法が可決・成立したのは同年11月27日のことで、開催日の決定から4ヶ月以上期間が空く形となってしまった。
関連記事:今年の3月20日(土)には要注意? カレンダーを見た人から悲鳴相次ぐ■カレンダー業界を心配する声年末に近い時期の発表ということもあり、ツイッターを中心とするSNS上には当時から「もっと早く決めてほしかった」「スケジュールおさえてるイベント会社とか、苦労しそう」といった声が多数上がっていた。突然の祝日変更受け、カレンダー業界が瀕死と話題 じつは既…の画像はこちら >>オリンピック延期と比べて祝日の移動はそこまで大々的に報じられておらず、ツイッター上には「祝日が延期になったの知らなかったわ」といった声もチラホラ。新聞の広告などで祝日移動に関する項目を目にし、最近になって初めて気づいた人も多いようだ。また、こちらのトピックが話題に上がるたび、「11月末に発表とかカレンダー会社かわいそう。もうどこも2021年のカレンダー刷り終わってたでしょ」「誤った祝日が書かれているだけでカレンダーの価値は低下してしまいますからね」といった具合に、カレンダー会社への影響を心配する声が都度上がっていたのだ。

(画像提供:新日本カレンダー)果たして今回の祝日変更は、カレンダー業界にどれほどの影響を与えたのか。「新日本カレンダー株式会社」に詳しい話を聞いてみたところ、予想外の事実が明らかになった。■完全お通夜ムードと思いきや…まずは同社の担当者に「急な祝日変更が生じ、カレンダー業界に同情する声が上がっている」旨を伝えると、先方もそういった声を認知していた様子。その上で、実際に今回の祝日変更は最悪のタイミングだったのかたずねてみたところ、「その時点では正直そこまで慌てたりはしませんでした」と意外な回答が。同社では昨年11月末の祝日変更アナウンスがあった時点で、既に2021年度の1月始まりのカレンダーは納品がほぼ完了しており、祝日を修正しての「刷り直し」や「回収」などの事態は発生しなかったという。

(画像提供:新日本カレンダー)「今回は逆に発表が遅かったことが幸いしたと思います。さすがに、もう今からでは仕方ないよね、という時期ですよね」「もしこれがもう少し早い時期の発表であれば『今からならまだ直せる…』ということで、新しい祝日を適応させた仕様変更が大量に入っていたかもしれません」と担当者は語る。
■近年最も苦労した「仕様変更」は…しかしそんな同社も、元号が令和に変更となるタイミングでは苦労を強いられたよう。新元号が判明していない時点でも、西暦のみの表記でカレンダーは作れるが、祝日の日程に関しては別。2019年の「退位の日」、「即位の日」などが祝日になるか、カレンダー印刷時点では決まっておらず、イレギュラーな対応を迫られたとのこと。結局その年の祝日が決まったのは、前年2018年の12月であった。そのため近年では、2019年度のカレンダー作成時が最も頭を悩ませた期間のようだ。 (取材・文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする