橋下徹氏、大阪への「まん防」摘要に「もっと早く出せるような仕組みにすべき」

元大阪府知事の橋下徹氏が1日、フジテレビ系「めざまし8」(月~金曜・午前8時)にリモート生出演した。
番組では大阪府などの新型コロナウイルス感染急拡大を受け、政府は「まん延防止等重点措置」の初適用に踏み切ることを特集した。まん延防止措置は、2月に成立した新型コロナ対策の改正特別措置法で新設された。緊急事態宣言より区域を絞った適用が可能で、飲食店などの営業時間のさらなる短縮などの徹底を、府に求める考えだ。
大阪府への初のまん延防止措置の摘要に橋下氏は「もっと早く出せるような仕組みにすべきです」と指摘した。
その理由を「自治体が判断して政府が議論してそこで決定するこの仕組み自体がおかしいと思います。自治体が判断したんだったら、そこですぐまん防を発動すればいいと思うんです。1回政府が引き取って、そこで検討する作業が不要だと思っています」と提言していた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする