「日本一」の桜回廊が見頃=さいたま市〔地域〕

さいたま市見沼区などに広がる約1200ヘクタールの緑地帯「見沼田んぼ」の周辺で、南北に流れる2本の「見沼代用水」沿いに整備されている総延長20.25キロの桜回廊で、桜が見頃を迎えている。市によると、桜の下を歩いて散策できる回廊としては日本一の長さという。
市は2013年度から「サクラサク見沼田んぼプロジェクト」として、それまで総延長18.2キロだったが、全国最長の桜並木を目指し、市民や各種団体が植樹活動を開始。17年3月、その努力が実り、全国トップだった青森県弘前市の20キロを抜いた。
回廊やその周辺では、ソメイヨシノやミヤビザクラなど計約5300本の桜が楽しめるとあって、多くの人が訪れ、春を満喫していた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする