1967年式ボンネットバスで飛騨の桜めぐり 定期観光バスとして運行 濃飛バス

桜シーズンの定期観光バスへの登板は初だそうです。
1967年式ボンネットバスで飛騨の桜めぐり 定期観光バスとして…の画像はこちら >>高山市内の定期観光バスとしてボンネットバスを走らせる(画像:濃飛乗合自動車)。
岐阜県の濃飛バス(濃飛乗合自動車)が2021年4月10日(土)から、ボンネットバスを使用した「飛騨の桜めぐり定期観光バス」を運行します。
濃飛バスセンターを発着地とし、高山市国府町の桜の名所、桜野公園を往復するもの。使用するボンネットバスは1967(昭和42)年製で、高山の桜シーズンの定期観光バスとして運行するのは初めてだそうです。
運行期間は25日(日)までの16日間、午前と午後の1往復ずつ運行し、バスアテンダントも乗務します。料金は大人2500円、子ども2000円。なお、新型コロナ対策として窓を開けて運行するそうです。
濃飛バスは、「独特のエンジン音や木造の床板など、ボンネットバスならではの懐かしい気分を味わいながら、ゆっくりと飛騨の春を車窓から楽しむことができます」としています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする