西川貴教、自身の告知に「エイプリルフールのネタじゃないです」 その理由に反響

『T.M.Revolution』でボーカルを務める、西川貴教さん。
2021年でデビュー25周年を迎えるにあたって、同年5月13日から同年12月23日にかけて行うライブツアーの実施を発表しました。
西川さんは同年4月1日、今回のライブツアーについてTwitterで以下のようにコメントしています。
「あの…これはエイプリルフールではありません…」
真面目な告知であるにもかかわらず、エイプリルフールのネタと勘違いされないかを心配する西川さん。
その理由は、斬新すぎるライブツアーの開催スケジュールでした。
あの… これはエイプリルフールではありません…「25周年迎えるT.M.Revolution 滋賀県内だけを回る25公演ホールツアー開催」https://t.co/EmydFQzU1P #TMR25
なんと『T.M.Revolution』は大津市や米原市、彦根市など、滋賀県内のみで25公演のライブを実施!
新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)の影響で、全国各地を巡回するツアーを行うには厳しい状況です。そのため、県内で25公演という斬新な形式をとったのかもしれません。
また、西川さんは滋賀県出身であり、『滋賀県ふるさと観光大使』を務めています。故郷に元気を届ける目的もあるのでしょう。
今回のライブツアーが発表されたのは同年3月31日でしたが、エイプリルフール前日だったため、西川さんは念のために事実であることを告知したようです。
斬新な告知内容と西川さんのコメントに対し、滋賀県民を中心に多くの人から反響が上がっています。
・さすがは故郷愛の強い西川さん!滋賀県民として嬉しいです。
・むしろエイプリルフールのネタだったら、ちゃぶ台をひっくり返しますよ!
・こんなにも地元愛にあふれるアーティストを、俺はほかに知らない。
同公演を実施するにあたり、出演者及びスタッフ、観客へのコロナウイルス対策はしっかりと行うとのこと。
『T.M.Revolution』の音楽のパワーで、滋賀県は大いに盛り上がることでしょう!
[文・構成/grape編集部]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする