SNSで知り合った10代少女の自宅に侵入 ベッド下で3週間暮らした男が逮捕

(Artfoliophoto/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)SNSで知り合った10代の少女を気に入った男が、少女の自宅へ…。直接会うだけでは満足できず、そのまま少女の家で暮らしていたことを、『The Sun』などが報じている。
■少女を気に入った男米国・オハイオ州で暮らすジャレッド・ライト容疑者(20)が、SNSでひとりの少女と知り合いになり、惹かれるようになった。だが少女は、未成年。それを知ってもなお気持ちは抑えられなかったとみられ、容疑者は「直接会いたい」と思い始めた。そこで容疑者は、少女が家族と暮らす家に行くことを決めた。そして、そのまま少女の自宅に上がり込み、少女の寝室に隠れたまま暮らし始めたという。
関連記事:SNSで14歳美少女と知り合いに 自宅に誘って惨殺した30代男の身柄確保■寝室での秘密の時間ライト容疑者は少女のベッドの下に身を隠し、家族にばれない時間を狙っては、少女に性的関係を強いるようになった。また時には少女を裸にし、写真を撮るなど好き放題しながら、3週間も過ごしたという。同容疑者が少女に招かれて家に行ったのか、ふたりが恋愛関係だったのか、また少女の家から外に出る時間はあったのかなど、詳細は伏せられている。■何も知らなかった家族知らない間に他人が家に入り込み、ベッドの下に住み着いている。そのことにようやく気づいたのは少女の母親だったというが、通報を受け捜査を進めている警察は極めて慎重で、容疑者の発見に至るまでの経緯についても公表していない。だが男は性的暴行、また児童ポルノ制作容疑で逮捕に。日本円で500万円を超える保釈金額が設定されたと伝えられた。

■「出会いがない」と思う人の割合しらべぇ編集部が全国10~60代の男女1,880名を対象に調査した結果、全体の63.3%が「出会いがなかなかないと思う」と回答した。

そこで気軽に使いたくなるのがSNSなのかもしれないが、それを利用しての出会いが、思いもよらぬ危険につながるケースは少なくない。特に子供のSNS利用については、保護者もしっかり気をつけておく必要がある。性的被害をはじめ、多種多様な事件が連日のように報じられている。 (文/しらべぇ編集部・マローン 小原)【調査概要】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする