三原じゅん子副大臣、厚労省の大宴会問題で謝罪ツイート「弁解の余地なし」

自民党の三原じゅん子厚生労働副大臣(56)が31日、自身のツイッターを更新。厚生労働省職員23人が24日に深夜0時近くまで東京・銀座の居酒屋で送別会を催した問題について謝罪した。
三原氏は「厚生労働省の夜の会食の件事実確認が出来ましたので、皆様に心からのお詫びを申し上げます。本当に申し訳ございませんでした。全く弁解の余地などありません」とツイート。「今後この様な事が無いよう厳しく徹底して参ります」と決意をつづった。
「東洋経済オンライン」が29日夜にこの問題を報じたことを受け、田村憲久厚生労働相(56)は30日の会見で「国民の信用を裏切り、おわびする」と謝罪した。同省は、会を発案した老健局老人保健課長を事実上更迭する人事と田村氏が閣僚給与2か月分を自主返納すると発表した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする