火事で顔面に火傷を負った女性 見世物にされた波乱な人生に応援の声

(ejwhite/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)顔面が焼けただれたせいで、モンスターと呼ばれ虐げられた女性。想像を絶するつらい経験を乗り越え、母として頑張っていることを、『The Sun』などが報じた。
■火災発生で重傷ロシアで暮らすアーニャさん(30)という女性は、赤ちゃんの頃に自宅で起きた火災が原因で大やけどを負った。アルコール依存症だったアーニャさんの母親には正しい判断ができず、燃える家の中からアーニャさんを救おうとする家族はひとりもいなかったのだ。死は免れたがアーニャさんだったが、顔全体に酷いやけどを負ってしまった。そのうえ退院後は、長いあいだ孤児院などで暮らしたという。
関連記事:高温油をかぶった20代女性が彼氏に「化け物」と罵られ… 体と心の傷を克服中■見世物にされ…しばらくすると祖父母がアーニャさんを引き取り大事に育てようとしたが、経済的に苦しく、貧しい生活を続けるしかなかった。そこで祖母はアーニャさんを連れて様々な土地を訪れ、アーニャさんの焼けただれた顔を見世物にしてお金を稼ぐようになった。学校でも「フランケンシュタインの怪物」などと罵られ、壮絶なイジメを受けたアーニャさんは、ひどいコンプレックスに苦しみ自殺を試みたこともあったという。数年通った学校からも遠のき、立派な教育を受ける機会をも失ってしまった。■結婚し母親に大人になったアーニャさんは、ある男性と知り合い結婚。ところが

妊娠するなり夫は逃げ出し、アーニャさんは取り残されてしまった。それでも無事に出産を終えると再び恋に落ち、「顔じゃなく、君の美しい心に惹かれた」という男性と再婚へ。今も決して裕福ではないというが、11歳になった娘、そして心優しい夫と平和に暮らしてきたそうだ。
■再びの火災そんなアーニャさんをまたしても悲劇が襲ったのは、2月のこと。自宅で電気火災が発生し、アーニャさん一家は家財道具のほぼ全てを失ってしまった。だが、親子3人が無傷だったことを喜ぶアーニャさんは、「新たな土地でやり直す機会だと思う」と前向きに考えることを決めた。今は整形手術を受ける夢もあり頑張っているというが、しばらくは大変な暮らしが続きそうだ。逆境に負けず、ポジティブに生きてきたアーニャさん。一日も早く手術を受けることができるよう、また心穏やかな生活が始められるよう、多くの人が願い応援している。 (文/しらべぇ編集部・マローン 小原)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする