「未来の雇用主様へ」 自閉症の青年が書いた自己紹介文が拡散 驚きの展開に

アメリカ・ヴァージニア州に住むライアン・ローリーさんは自閉症をもっています。
2021年2月、高校卒業を控えたライアンさんは就職活動をスタート。ビジネスに特化したSNS『LinkedIn』に履歴書とカバーレターを投稿することにします。
カバーレターとは履歴書に同封する手紙のようなもので、面接の担当者に宛てて志望動機や自己紹介などを書きます。
一般的にはパソコンで作りますが、ライアンさんは手書きで仕事に対するやる気と熱意をつづったのです。
親愛なる未来の雇用主様
私の名前はライアン・ローリーです。19歳で、ヴァージニア州のリーズバーグに住んでいます。
私は自閉症をもっています。また独特のユーモアセンスと数学の才能があり、テクノロジーが得意で、覚えがいいです。
私はアニメーションかITにちなんだ仕事に興味があります。あなた方のような方々は私に賭けてみるべきだと思うのです。
私は普通の人たちと同じようには学べません。仕事を教えてくれるメンター(指導者)が必要ですが、早く覚えますし、一度説明されたら理解します。
もしあなたが私を雇って仕事を教えてくださったら、あなたが喜んでくださることを約束します。
私は毎日出社し、あなたに指示されたことを行い、一生懸命に働きます。
NBC Nightly News with Lester Holt ーより引用(和訳)
海外メディア『CNN』によると、ライアンさんの履歴書とカバーレターを『LinkedIn』に投稿するのは父親のアイディアだったのだそう。

このアイディアは大成功。彼のカバーレターは700万回以上閲覧され、コメントが殺到し、複数の企業から仕事のオファーがきたのです!
それだけではありません。なんとロサンゼルスにある自閉症の若者のためのコンピューター・アニメーションスタジオ『Exceptional Minds』が、ライアンさんに「奨学金でアニメーションを学ぶプログラムに参加しませんか」と申し出たのです。
Ryan Lowry wrote a powerful handwritten letter to a future employer that was viewed by millions online. Now Ryan, who…
このストーリーは多くのメディアで紹介され、ライアンさんへの祝福と称賛の声が上がっています。
・おめでとう!あなたの幸運を祈ります。
・いつかきみが手掛けたアニメーションが見られるのを楽しみにしているよ。
・私の15歳の息子も自閉症なの。あなたに感銘を受けたわ。
自閉症をもちながらも自らの能力や得意なことを堂々とアピールし、大好きなアニメーションの仕事をするという夢に一歩近付いたライアンさん。
これほどのやる気と行動力があれば、きっと彼は将来大きな仕事を成し遂げることができるでしょう。
[文・構成/grape編集部]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする