丸亀製麺、釜揚げうどんが2日間半額! 店員さん直伝の美味しい食べ方で実食


丸亀製麺は4月1日と2日の2日間、激熱イベント「釜揚げうどんの日」を開催します。そこではなんと通常価格290円の「釜揚げうどん」が半額以下の140円で食べられるのだといいます。

今回、万全の状態で当日を迎えるべく、丸亀製麺のスタッフさんに「釜揚げうどんの美味しい食べ方」をレクチャーしていただきました!

毎月1日限定の恒例イベント「釜揚げうどんの日」が復活!

毎月1日限定で実施されていた「釜揚げうどんの日」は、新型コロナウイルス感染症の影響により4カ月間中止していました。ですが今回、開催期間を2日間に拡大して再開。「釜揚げうどん 並」は290円を140円で、「釜揚げうどん 大」は400円を200円で、「釜揚げうどん 得」は、510円を250円で提供されます。

「釜揚げうどん」は水で締めていない、茹で上げ直後のうどんを使用しています。そしてその工程から「もちもち食感」や「小麦の香り」、「よりだしが麺に絡みやすい」点が特徴とのこと。

こちらが「釜揚げうどん」(140円←290円)。木製の桶の中には透き通った釜湯と丁寧に束ねられたうどんが入れられており、上品さを感じる出で立ち。天かす・生姜・白ごま・青ねぎは無料トッピング、生玉子は70円のトッピングメニューになります。

そのまま食べても十分美味しそうですが、同商品の特徴を熟知したスタッフの方々がすすめる美味しい食べ方は、全部で5ステップ。
【1】まずは、何もつけずそのままで小麦の風味とほのかな塩味を楽しむ

うどん本来の美味しさを堪能するために、だしにもつけず、そのまま味わってみてほしいとのこと。1本だけ箸ですくい、そのままいただきます。

ひとくち食べた瞬間に小麦の風味がぶわっと広がってびっくり。「釜揚げうどんとはこんなに小麦を感じるものだったのか」と驚いてしまいました。ほどよい塩味と、もちもち食感との相性は抜群です。

普段はひとくち目からだしをつけていたのですが、その行為はうどんの美味しさをひとつ無視してしまっていたのでは……と感じてしまいました。
【2】次に、つけだしでシンプルに味わう

続いてはつけだしでいただきましょう。ここでは麺を桶に這わせてだしをつけると、お湯が飛びにくく、湯切りできるのだといいます。

うどんにだしがしっかりと絡まり、これまた美味です。釜揚げうどんはその作り方から表面に”ぬめり”が残っており、ほかのうどんと比べてもだしが絡まりやすい特徴があるそう。その特徴もあってか、だしの味わいと麺の美味しさを同時に、たっぷりと堪能できました。
【3】薬味をつけだしに入れて、麺を絡めて一気に口の中へ

続いては無料トッピングの天かす・生姜。白ごま・青ねぎと合わせていただきます。

薬味を加えることで味と食感にアクセントが加わります。すりごまと天かすによってコクがプラスされ、青ねぎと生姜からはさわやかな食感と風味を感じられました。

お好みの味わいを楽しめるのも魅力のひとつ。個人的には青ねぎと生姜をたっぷり入れるのがおすすめです。

【4】付け出しにトッピングの「生玉子」を入れることで、味変も!

そして続いては、70円で購入可能な生玉子とつけだしを合わせていただきます。今回は【5】の工程も楽しむために、うどんを生玉子にディップました。

とろりとした玉子とだしの香りが合わさり、まろやかな旨みを味わえました。生玉子を追加注文するだけで「釜玉うどん」と「釜揚げうどん」を同時に楽しめるので、ぜひこの半額キャンペーンのタイミングで試してみてはいかがでしょうか。
【5】最後は、釜湯をつけだしに入れて、特性うどん湯としていただく。

最後は桶の中に入った釜湯と、つけだしを合わせていただきましょう。温かくてほっとする味わいは〆にぴったりな美味しさです。だしの1滴も残すことなく味わい尽くせる、コスパ◎な食べ方になっていました。
「釜揚げうどんの日」限定メニューは贅沢な逸品!

さらに丸亀製麺では、「釜揚げうどんの日」限定で販売される商品も。
「牛肉つけ汁」(310円)

甘辛く炊いた牛肉と長ねぎが入った、コク旨で贅沢な一品。こちらは単品でも注文可能な商品となっています。

つけだしは牛肉の甘い脂がたっぷりと溶け込んだ甘めの仕上がりに。うどんと絡まることで、よりだしの美味しさが引き立ちます。青ねぎ、天かす、すりごまを追加するととさらにコク深さを感じられました。

そしてこちらは筆者オリジナルですが、先ほども使用した「生玉子」との相性が抜群なので、ぜひ試してみていただきたいです。すき焼きの〆うどんのような楽しみ方ができます。

「特別限定天ぷら」全5品

そしてさらに丸亀製麺では「釜揚げうどんの日」の2日間限定で、頭からしっぽまで殻ごと食べられる「殻付き有頭えび天」ほか、うどんとあわせて注文したい天ぷらメニューが4品登場。

「カニ爪天」(160円)
「殻付き有頭えび天」(160円)
「車海老天」(300円)
「いももち天」(100円)

ボリューム満点な「車海老天」(300円)や肉厚で贅沢感のある「カニ爪天」(160円)、チーズが入ったもちもちな「いももち天」(100円)など、種類豊富なラインアップとなっています。

丸亀製麺の「釜揚げうどんの日」は、コスパがたまらない最高のイベントになっていました。みなさんも足を運んだ際には、スタッフおすすめの食べ方で味わってみてはいかがでしょうか。

まるいさん まるいさん 武蔵野美術大学卒 web業界 編集/ライターの24歳、カラアゲニスト。 食レポ・イベント取材・インタビュー取材等を行っています。 写真はミラーレスとiPhone XSで撮影、noteのイラストは全自作。 趣味は 漫画/アニメ/美術館めぐり/絵描き 等
▼リンクまとめ
note:まるいさんちのおもちゃ箱 Twitter:@marUeee_net Instagram:@marueee_net この著者の記事一覧はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする